カート
ユーザー
絞り込む
Brand
カテゴリー
コンテンツ
SNS
CHS-0102
カールハンセン&サン CH006/オーク材・オイルフィニッシュ
420,200円(税込)
21010 ポイント
購入数

CHS-0102
カールハンセン&サン CH006/オーク材・オイルフィニッシュ

あらゆる空間に適合する多様性

ハンス J. ウェグナーのダイニングテーブル CH006は、ディテールと機能にこだわったウェグナーデザインの典型と言えるテーブルです。

クリーなラインと熟慮された意匠。サイズとフォルムの変更を可能にする、機能性に富んだ デザインです。比較的スペースに余裕のある空間で使用することがお勧めします。

また、CH006には、来客に応じて大きさを変えられる、伸長板が天板の両端に装備されています。素材は無垢のビーチ材又はオーク材。ウェグナーのどのダイニングチェアを選ぶか、椅子のスタイル次第で様々な演出ができるテーブルです。

ハンスJウェグナー

20世紀を代表する世界的な家具デザイナー、ハンス.J.ウェグナー

デンマークデザイン界において、最も創造性と独創性に溢れれたデザイナーと言えるのが、ハンス J. ウェグナー (1914-2007)。椅子の巨匠として知られ、500脚以上の椅子をデザインしています。そしてその多くが現在名作として、国際的に高い評価を受けています。

ハンス J. ウェグナーは、1914年に靴職人を父にデンマークとドイツの国境の町、トゥナーに生まれました。家具職人 H.F スタルベアーグの元で家具を学び、17歳で家具職人の資格を取得。3年後コペンハーゲンに移り、1936年から1938年まで工芸スクールに在籍した後、デザイナーとしての活動を開始しました。

1943年、ウェグナーは自身のデザイン事務所を開設。1949年には初めてカール・ハンセン&サンに椅子をデザインしています。 この時デザインされたのがCH24、Yチェア。発表とともに大きな反響を呼び、現在に至るまで継続してカール・ハンセン&サンで製作されています。

シンプルな美と機能性を追求し、その家具の核となるもの、その家具の本質ともいえるべきものを露わにしていく。これが、ウェグナーが後世に遺した最も大きな功績と言えます。

サイズ
W1380×D900×H720 (mm)
伸長板を片側広げた場合W1870
伸長板を両側広げた場合W2360
素材
オーク材 オイル仕上げ
納期
この商品は国内在庫品となります。 通常ご注文確定後、約2週間での発送となりますが、在庫がない場合は次回入荷までお待ち頂く事になります。もし、在庫状況をご確認したい場合はお手数ではございますが、お問い合わせ下さい。

デザイナー
HANS J. WEGNER(ハンスJ.ウェグナー)
その他
生産国 デンマーク
・国内在庫商品
この商品を購入する