カート
ユーザー
絞り込む
Brand
カテゴリー
コンテンツ
SNS
  • ホーム
  • 宮殿という名の特別なお皿。1616/arita japan パレスプレート

パレス・宮殿という名の特別なお皿


美しく凛とした佇まい。
大輪の花が咲きほこった白亜の宮殿を思わせる雰囲気。
Palace・パレス。英語で「宮殿」を意味する名がつけられたこのお皿は、
国内最高級ホテルの一つとして名高い
「パレスホテル東京」のために特別に作られました。
 

 

 

洗練された大人の女性を思わせる可憐なデザイン。

TYパレスプレートのぱっと目を引く大輪の花のデザインは、それだけで見る人の心を和ませてくれます。そして、その花びらがもたらすかすかな陰影。マットで上品な質感と、真っ白ではない趣のあるお色。花びらの緩いカーブ、繊細な陶器の厚み。華やかさというよりは、落ち着きの中にある可憐な雰囲気が、なんといっても魅力ではないでしょうか。1616/arita japanの有田焼の白色は、有田焼きの素地の美しさから、あえて釉薬を施さない方法で作り上げられています。そのため、このような落ち着いたマットな質感が生まれています。あえてお化粧をしなくても持って生まれた美しさがある。本当に女性のようなお皿ですね。
 

和風、洋風、盛り付けるものを選ばない器。

パレスプレートは、和菓子からケーキ、お刺身からサンドウィッチ、目玉焼まで、不思議となんでも様になってしまうありがたい器。サイズの違う2枚を重ねて使うと、まるでお花が咲いたような雰囲気になり、一気にテーブルが華やかに演出されます。通常、和食器は傷の心配から重ねて使う事はほとんどありませんが、パレスプレートは高台がなく、かつ丈夫で傷つきにくいため2枚重ねにしてもお使い頂けます。ぜひ最初からサイズ違いでお使いいただきたいお品です。1616/arita japanの品は、現代の多様な食生活・ライフスタイルに合うよう、普遍的なデザインで新しく生まれた有田焼です。この使い勝手の良さは、計算されたデザインだからこそですね。
 

実用性を兼ね備えた才色兼備な器。

薄さが印象的なので、扱いが少し不安・・と思われるかもしれませんが安心してください。その秘密は使われている土!有田焼の陶磁器は、高密度の陶土が使われています。この陶土、通常の陶器と比較すると、1.8倍もの強度があるんです。形成後、高温でしっかり焼き上げられた陶器は、薄くて丈夫。その上軽いというのが特徴です。まさに日常使いにはぴったりの陶器なのです。電子レンジ・食洗器・オーブンが使える実用性も嬉しいポイントです。素敵だなと眺めるだけじゃなく、やっぱり日常使ってもらえることが器にとっても幸せではないでしょうか。眺めて良し。使って良しの器は、贈り物としても喜ばれますね。気兼ねなく、素敵な器を日常で使える満足感。毎日の食事がちょっと心地良くなる。パレスプレートは私たちをそんな気持ちにさせてくれる器です。
 

 

伝統を引き継ぐ職人の手仕事とモダンデザインの融合。1616/arita japan

1616/arita japanの品は、どれも有田焼の職人により一点一点手作りされています。薄く繊細なフォルムを作りだす技術は、有田焼400年の伝統を今に引き継ぐまさに職人の技。1616/arita japanは、歴史ある有田焼に、クリエイティブディレクターである柳原照弘氏が、これまでとは異なった新しいデザインアプローチを試みて生まれた、技術とデザインを融合した器なのです。伝統を重んじながら、現代の多様な食生活・ライフスタイルに合うよう、普遍的なデザインで新しく生まれた有田焼です。

パレスホテル東京は、国内外のVIPをもてなすラグジュアリーなホテル。そのホテルの地下1階に「1616/arita japan」のフラッグシップストア「MOMOTATOUEN - 百田陶園」が直営店を構えています。
ラグジュアリーホテルに相応しい直営店として選ばれた1616/arita japanは、まさにパレスホテル公認の有田焼ブランド。そしてパレスホテル東京への出店を期にデザインされたのがTYパレスプレートなのです。2012年にミラノサローネで発表された1616/arita japanは、世界中のデザイン関係者から高い評価を受け、現在はヨーロッパを中心に11ヵ国以上で展開をしています。