カート
ユーザー
絞り込む
Brand
カテゴリー
コンテンツ
SNS

マルニ60ブランド画像

現代のスタイルに適応した『maruni60』の誕生


創ることの楽しさ、生み出すことの苦しみ。
さまざまな経験を経てカタチになったものには、いつまでも変わらない普遍の価値があります。

日々、多種多様な価値観が生まれる中、”普遍的な価値”を届けるべくMARUNI60は生まれました。

 


マルニ60・創業地域

マルニ木工の歴史

1928年広島県宮島に設立した「昭和曲木工場」を前身とし、1933年「マルニ木工株式会社」は誕生しました。創業地域は古くから「木材産業のまち」として発展してきた土地であり、多くの優れた職人が育まれてきました。当時としては技術難度の高い「木材の曲げ技術」を確立し、それまで木工家具は職人が手作りするものとされていた時代に、「工芸の工業化」をモットーに掲げ、家具の工業生産、量産化をめざし様々な技術の開発に取り組みました。

戦後、マルニは木材加工のあらゆる研究開発を重ね、合理的な生産方法の習得など材料から完成まであらゆる工程での改革を進め「技術のマルニ」と評される礎を築きました。
家具生産の工業化を実現したマルニ木工は、第二次世界大戦という厳しい時代を乗り越え、洋家具の大量生産という新たなチャレンジから数々のヒット商品を生み出し、日本の代表的ブランドになると同時に、伝統的な美しさを生み出す良質な家具メーカーとして成長しました。

しかし1990年代以降、「美しい家具を」という思いが風化してしまいかねない時代に危機感を抱きました。そこで国際的なデザイン感覚と日本独自の木に対する美意識、そして精緻なモノづくりの技を融合したマルニ木工にしか生みえない、日本から世界へ発信する家具造りをスタートしました。使い手の生活に溶け込み、100年後も定番として愛される家具を目指し今日も木と向き合い、モノづくりに励んでいます。

 

現代のスタイルに適応した『maruni60』の誕生

それから長い時間を経た今、私たちを取り巻く社会情勢は刻々と変化しています。
多種多様な価値観が生まれる中、普遍的な価値を届けるべくマルニ60は生まれました。

マルニ60は1960年代に製造、販売をしていた「みやじま」と呼ばれる商品の復刻が軸になっています。当時は世界的にデザイン運動が活発な時代でした。
新しいものを世に送り出し、快適さや利便性を追求することもメーカーの責務である一方、安易な商品開発や強引な消費喚起で短命に終わる商品もたくさんありました。
時代を経て何らかの理由で製造中止や廃盤になったものの中には、普遍的な価値を持っているものも少なくありません。

マルニ60は、そのような価値を持ったアイテムを復刻するとともに、当時は存在しなかった今の時代にも適応するプラスαのアイテムを付加することで構成されています。

マルニ60はこれからも、流行に流されないものづくりの姿勢と原点である創業者の想いと情熱を持ち続けると同時に、遊び心や楽しさという視点も忘れず、豊かな生活に繋がるような挑戦を続けていきます。

 

 

60visionロゴ

60VISION(ロクマルビジョン)への参加

1960年代、日本のメーカーは自分たちが提案したい「世界に通用するスタンダード」を作っていました。しかし、時代の変化や消費の多様化により、そのほとんどが廃盤に。ロクマルビジョンはそんな素晴らしい商品たちを、その商品に込められた企業のものづくりへの思いとともに掘り起こすロングライフデザインのブランドとして日本の本物を作った企業だけが集まれる仕組みとして、ナガオカケンメイ氏が発案・スタート。その活動が評価され、2008年度グッドデザイン賞も受賞しました。

マルニ木工はこのプロジェクトに賛同し、2006年に改めて位置づけされたブランドとして、マルニ60(通称・マルニロクマル)が誕生しました。当時のデザインをそのままに、現代の生活環境に合わせたより良い家具を生産しています。

 

maruni60を代表するオークフレームチェアの原点『みやじま』

1960年から1970年代にかけて生産されていたチェアが、オークフレームチェアの原型とされる『みやじま』です。
椅子のアーム部分が、マルニ木工の本社がある広島県宮島の厳島神社の鳥居に似ていることから「みやじま」と名付けられました。

戦後の休息なに日本経済発展の中、住環境も様式化が進み、家具にも大きく変化が見られました。
「みやじま」は当時としては画期的なノックダウン式で、広さやレイアウトに合わせて自由に組み合わせができるなど、そのフレキシブルな機能性で人気を博しました。

マルニ60から復刻したオークフレームチェアにもそのデザイン・機能性はしっかりと受け継がれています。
豊富な種類から選べる張地と、1脚ずつ組み合わせる機能的な作りは、生活スタイルの変化で買い足しができたり、レイアウトを変えたりと、その時々に合わせて対応できる仕様になっています。

 


オークフレームソファ

そして新しく生まれ変わった『オークフレームチェア』

「みやじま」を原点に現代に合うソファへと生まれ変わったオークフレームチェア。 張地に、女性に人気のミナペルフォネンの生地dop-tambourineがあるのも嬉しいポイントです。その座り心地や組立方法について詳しく説明します。

 

 

 

マルニ60・3年間の品質保証

安心の3年間品質保証

マルニ60はお客様に永く安心してお使いいただけるよう、3年間のメーカー保証がついています。(※保証対象は製造上の過失の場合のみとなります)
3年間のメーカー保証が終了しても、そこから7年間、さらに有償での保証が受けられます。(有償保証にはユーザー登録が必要です。)ご購入時に同梱されるユーザー登録用紙をご確認ください。
技術があるからこそ、アフターサービスも安心ですね。

 

マルニ60・キノママの木目

木、本来の個性を活かした『キノママ』シリーズとは?

家具に使われる木の多くは樹齢約100年と言われています。 その中でも製品化されるのはほんの僅かで、日本では、節や色ムラ、白太といった木の個性が不人気との理由から、 木材の多くが製品化されずにエネルギーとして使われてきました。しかし、昨今では「無垢材」の家具が多く見られるようになり、 日本でも木の個性への理解が深まってきました。 不揃いな表情は木が生きてきた証でもあり、木のありのままの姿です。 キノママは、資源の活用と木の良さを再認識し、お求めやすい価格で提案されたシリーズです。

人の顔がみんな違うように、木の表情もそれぞれ。それこそが本来の持ち味ですよね。 木目に表情があること以外は、定番の物と何も変わりません。しかも少しお手頃価格というのも嬉しいポイント。木が好きという方にはとってもおすすめのキノママシリーズです。同じものは一つとしてありません。あなただけのオンリーワンソファいかがですか?

 
 

お客様邸探訪


お客様邸の素敵な空間をご紹介!床の色やサイズ感など是非参考にしてみてください!

  • 納品事例・マルニ60
  • 納品事例・マルニ60
  • 納品事例・マルニ60
 



 

SIZE


サイズは3種類。お家のサイズに合わせてお選びください。

 

VARIATION


座り心地、デザインはそのままで。どんなスタイルでも適応できちゃう理想系

 

 

 
詳しく見る

店頭でご確認頂けます。


Shinc lab.の店頭にて、実際の使い心地をご確認いただけます。
店頭にてしっかりと説明を聞きたいという方は、混雑する場合もございますので
事前にお電話・メールにてご連絡頂けたら幸いです。

また、お電話・メールでのお問合せも可能ですので、どうぞお気軽にご連絡ください。