カート
ユーザー
絞り込む
Brand
カテゴリー
コンテンツ
SNS
  • ホーム
  • ライフスタイルを楽しむモダンな器。1616/arita japan スクエアプレート

未来に寄り添う新しい器・1616/arita japan


有田焼の産地である佐賀県・有田。この地で陶磁器が作られ初めてから四百年を経てもなお、
色あせる事のない妥協の無いものづくりの精神は今日の有田を支える人達に受け継がれています。
豊富な経験と技術をもつ有田の人々と共に、デザイナー柳原照弘は、
今日までの有田の歴史と対話をしながら、物語をつなぐ新たな陶磁器ブランドを生み出しました。
遥か昔の記憶を引き継ぐように名付けられた 1616 / arita japanは、
有田焼の伝統を踏襲しながらもこれまでの有田焼とは異なるデザインアプローチを試みています。

 

 

ライフスタイルを楽しむモダンな器。

有田焼と聞くと鮮やかな絵付けが有名な伝統工芸品の和食器を思い浮かべる方も多いと思います。綺麗で華やかな古典柄の器はとても素敵ですが、普段使いとして取り入れるにはちょっと難しい・・と感じる方も多いのではないでしょうか?
今回ご紹介する1616/arita japanは、従来の有田焼のイメージとは全く異なる、磁器本来の白さとシンプルでモダンなデザインを追求した有田焼のブランドです。
現代の食卓では、和食・洋食・中華・エスニックと色とりどりのバリエーションを楽しむことが主流となりました。そんなライフスタイルに合わせて自由に幅広く使っていただけるよう立ち上げられたのが1616/arita japanです。
 

用の美を実現した、シンプルでニュートラルなフォルム。

食卓は目で楽しむことも重要なポイント!メインはあくまでお料理。料理を活かす。そう考えると、やはりたどり着くのはキャンバスのような白いプレートではないでしょうか。
1616/arita japanの白は釉薬に頼らない、ピュアなホワイト。有田で採掘された良質な磁石だからこそ表現できる、白磁本来の白さです。漆喰を思わせる柔らかで透明感のある白さが1616/arita japanならではの特徴です。
TY"Standard"シリーズのスクエアプレートは「フラットな底と、一定の角度で立ち上がった側面」というコンセプトで統一されているため、異なるサイズを組み合わせても違和感がありません。角がキチッと揃って食器棚に整頓された姿は見ていてとても気持ちが良いのです。シンプルなデザインであるため、ケーキをのせても、お刺身をのせても、お料理を選ばないのは考え尽くされたデザインコンセプトがあるからなのです。使う時も収納されているときも美しい。『用の美』を感じさせてくれる品です。

日常使いのできる丈夫さと手軽さが魅力。

薄さが印象的なので、扱いが少し不安・・と思われるかもしれませんが安心してください。その秘密は使われている土!有田焼の陶磁器は、高密度の陶土が使われています。この陶土、通常の陶器と比較すると、1.8倍もの強度があるんです。形成後、高温でしっかり焼き上げられた陶器は、薄くて丈夫。その上軽いというのが特徴です。まさに日常使いにはぴったりの陶器なのです。電子レンジ・食洗器が使えるのも嬉しいポイントです。そして、有田焼=高価というイメージをくつがえし、数を揃えられるお手頃な価格設定がとても嬉しい!スクエアプレートは500円から商品が揃っているので、買い足しが気軽にできるところも良いですね。気兼ねなく、おしゃれなお皿を日常で使える喜び。毎日の食事がちょっと心地良くなる。こういう気持ち大事にしたいですね。

 

シリーズで揃えると普段からおもてなしまで。

ワンプレートはもちろん、複数のサイズを揃えることでおもてなし、大人数での食事にも対応することができます。テーブルの中心にはメインの大皿、スクエアプレート235や270を。取り皿にはスクエアプレート165や200を。小さいサイズは、大きいプレートに重ねて薬味やお刺身のお醤油に。同じ食器でテーブルコーディネートなんて、レストランのようで素敵じゃないですか?